クラウドファンディングの使い方

最新のウェブサービスを解説

私は地方にある通販会社で勤務しています。そして、私の仕事は通販カタログや自社広告の制作、販売戦略の立案等を行なっています。

通販は売り手側も買い手側も、基本的には顔が見えない関係であり、メリットもデメリットもあるわけですが、私の会社ではなるべくお客様に直接お会いする機会をつくることを大事に日々活動しています。

そんな中、通常はデスクワーク中心の私も、年に何度かお客様宅を訪問し、会社のことや商品のことをお聞きし、それをカタログ等に記載しているのです。

私は3年前、宮城県に住んでおられるある老夫婦のもとを訪れました。そのご夫婦は二人とも明るく楽しい性格で、2時間の滞在予定が、気がつけば4時間になるほど話に花が咲きました。

その訪問から数ヵ月後、あの東日本大震災が老夫婦の住む宮城県を襲いました。震源地がご夫妻の住む市だったため、私は慌てて電話をし、安否を確認したのですが電話は繋がりませんでした。

海沿いではなく山沿いに住んでおられたため、津波による被害はないだろうとは思っていましたが、家や周辺建物の倒壊等、怪我はないのかが心配で仕方ありませんでした。1週間が経っても電話は繋がらず、10日ほど経った時にようやく電話が繋がり、ご夫妻の無事が確認できました。

しかし、情報遮断によるパニックなのか、あのやさしい老夫婦が「今からでもすぐに来てほしい。見捨てないでくれ」と性格が変わったかのように厳しい口調で私に訴えかけてきたのでした。

私と上司は救援物資を持ってすぐにでも伺いたい気持ちでいっぱいだったのですが、余震が続く状態での輸送は、会社からもOKが出ませんでした。しかし、震災発生2ヵ月後、ようやく会社からGOサインが出て、救援物資をご夫妻や近隣住民の方々にお渡しすることができました。

会社は震災発生後からすぐに売上金の一部を寄付していたのですが、対面して物資を寄付するという形は、私と上司が行ったこのときが初めてで、帰社後、被災地の様子を聞かせてほしいと社内の多くの人たちから聞かれました。

老夫婦も喜んでくれ、以後も定期的に寄付等の活動を行なっていますが、二度と起きてほしくない災害だと思います。

2006年の会社法の改正によって日本版LLCとも言われる合同会社の制度導入や資本金1円からの株式会社設立が可能になるなど、日本における起業のハードルは制度面ではかなり整って来ています。またアベノミクスの政策実施開始以降、徐々に実態経済にも明るい兆しが出て来ている中で起業そのものの数も今後増加していく事が見込まれます。起業における制度が拡充される一方で肝心の資金調達の面ではなかなかアメリカ並みに基盤が整ってこなかったのも事実でしょう。元々起業家は資金調達には苦労するのが常でした。自己資金の確保もそうですが、各種の金融機関との交渉や政策的な融資に頼らざるを得ない状況がありましたし、今でもその傾向は厳然としてあると思います。一方で「クラウドファウンディング」と呼ばれる、ネット上などで不特定多数の個人や法人から資金を調達するという、金融機関等以外の資金調達手段も徐々に浸透してきています。2012年以降、日本国内でもいくつもの有力なクラウドファウンディングのサイトが立ち上がり、にわかに盛り上がりを見せてきています。そもそもこのクラウドファウンディングですが、17世紀前後のイギリスの寄付ビジネスが起源とされ、その後20世紀以降のアメリカで徐々に制度として高められ、特に近年のIT業界とITベンチャーの隆盛と共に活発になってきています。アメリカでの市場規模はリーマンショックを境に低調な時期もありましたが、2012年段階で2300億円程度とされ、年々増加の一途とたどっています。特にゲーム業界でのクラウドファウンディングの活用や出資が盛んで、600万ドル、800万ドルといった資金をひとつの事業体が集めるような事も出て来ています。日本では、まだ始まったばかりのシステムと言っていいでしょうが、特に経済分野やシステムではアメリカの後を追う傾向がありますので、法整備と合わせて今後活発な起業者のニーズに対して資金の供給側も増えていくものと思いますし、日本の産業の活性化と成長の意味でもぜひ拡充していくべき制度と言えるでしょう。

クラウドファンディングを知っていますか?クラウドファンディングは不特定多数の人がインターネットを使用して、他の人や企業に財源の提供や協力を行う事を指します。上来の特定の人に支援をして貰える様に営業をしたりする訳ではなく、自分のアイデアやプランをインターネット上でプレゼンすることにより、興味や関心を持った人が資金を提供するのです。
クラウドファンディングの雛形ができたのは、17世紀に書籍の印刷代を募るために使われた寄付ビジネスモデルでした。クラウドファンディングには金銭のリターンを望まない「寄付型」や金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入する事によって支援を行う「購入型」があります。17世紀で行われていた雛形は寄付型に大変似ています。
その後も、1884年には自由の女神を作成する為にアメリカの新聞出版社のジョーゼフ・ピューリツァーは新聞を使用してクラウドファンディングを行い、大衆から10万ドルを6ヶ月で集めることに成功しました。2000年にはアメリカに本社があるArtistShareが音楽のためのクラウドファンディングサイトを開設しました。それ以降も音楽業界でクラウドファンディングは行われており、アメリカでデビューした日本のバンドもクラウドファンディングを使用して実績を残しています。
その後、クラウドファンディングは2006年8月12日にfundavlogでMichael Sullivanが言及したと言われています。現代に至っても様々な業界がクラウドファンディングを行って資金を集めています。
日本だとiPS細胞を発見した山中伸弥が、研究資金をクラウドファンディングを使用して集めました。日本だと主に個人間の投資や投資が法律で制限されている為、購入型のクラウドファンディングが普及しています。その他にもソーシャルレンディングと言われる個人から少額の投資を集める手法も使われ、国内では60億円以上の実績もあります。もし事業を始める方はクラウドファンディングを一つの資金調達方法として考えておくのも良いかもしれません。

世界の多くの地域において、クラウドファンティングが普及しつつあるのではないかと考えられています。日本でも一般的な資金調達の方法として認識されてきていますが、海外でもそのような傾向が徐々に見受けられているのではないかと思います。とりわけ先進国に分類される国では、このようなクラウドファンディングが大きく普及していると推測されており、新たなクラウドの活用方法として注目されるきっかけとなっているのではないでしょうか。
クラウドによるネットワークの形成はかねてから進んできているとみられていますが、そのような仕組みを利用して資金の調達を展開する取り組みも徐々に知られるようになってきています。また、実際にクラウドファンディングを活用する動きも出てきており、注目されているのではないでしょうか。アメリカやヨーロッパの国々では、このような資金調達の方法がひとつのジャンルとして確立されていると考えられており、効果的なクラウドファンディングの方法を模索する取り組みも始まっているのではないかと思います。
今後はより多くの国や地域でクラウドファンディングにまつわる取り組みが浸透し、クラウドを活用した資金の調達が行われるようになるのではないでしょうか。人口が多く集まる地域では積極的にクラウドファンディングを粉うことのできる環境が整っているため、そのような場所を中心として普及していくのではないかと考えられています。また、日本を中心としてクラウドファンディングの考え方や取り組みが浸透してきている国においても、これまで以上に活発なファンディングの動きが見受けられるのではないかと期待されています。近年では多くの地域においてクラウドファンディングに関する研究が進められているとみられており、今まで維持用に熱い視線を集めるのではないかとみられています。様々な分野からの期待も同時に寄せられるようになるのではないかと思います。

クラウドファンディングの使い方は様々なものがあると考えられています。そのなかでも、とりわけ効果的な資金の調達を展開する方法が多くの人から認識されているのではないでしょうか。このように効果的に資金調達をしたいと考えている場合は、クラウドファンディング自体の規模を大きくすることを目標としていくべきではないかと思います。大規模なクラウドを構築することにより、円滑な資金の調達や出資を募ることができるようになるのではないでしょうか。このようなクラウドファンディングの利用方法は複数の分野から支持されているとみられており、今後は幅広く浸透していくのではないかと期待されています。
また、クラウドファンディングを掲載している要素の多くを活用していくことも重要になるのではないかと考えられています。クラウドに参加する企業や団体などとの連携が不可欠となるため、このような点は活発に取り上げられていくのではないでしょうか。クラウドファンディングにおいてはこのような取り組みが強く求められており、新たな利用方法が提唱されることも期待できるのではないかと思います。
クラウドファンディングが多くのところに普及していくにつれ、利用方法にも変化が見受けられるようになるのではないかと推測されています。これまでよりもスピーディーに資金の調達をすることができる方法が模索されるのではないかと考えられており、そのようなアイデアとクラウドファンディングとが融合する可能性も秘められていると考えることができます。様々な観点からクラウドファンディングをスピーディーにするための改善点や新たに加えるべき要素を確実に見計らうことが求められていくでしょう。クラウドファンディングは常に進化を遂げており、大きく注目されるようになるものとみられています。使い方が多様化していくことに伴い 、クラウドファンディングに対する関心の度合いも高くなるのではないでしょうか。
2014年注目のクラウドファンディングと言えば、エンタメ系クラウドファンディング-fancolor
でしょうか。
ちょうど2014年1月7日OPENらしく、どのようなプロジェクトが始まるのか楽しみですね!

クラウドファンディングをご存知ですか?クラウドファンディングは全く新しい資金調達方法です、銀行から融資を受けるほどの計画性がないアイデアや商品に対して一般の大衆(クラウド)から少額ずつの資金を集めようというベンチャー企業にとってはとてもありがたい取り組みになっています。
その形態はいくつかあり、資金提供者に対するリターンの違いにより3つの形態に分かれます、まずは投資型です、これは株取引と似ており、資金を提供してくれた人に対して収益の一部を分配する、いわゆる金銭リターン型です。
そして2つめは寄付型です、このタイプはその商品なりアイデアに共感した資金提供者がまったくなんの見返りも求めずにボランティア的に資金を提供する形態です、よって一切のリターンは発生しないタイプです。
3つめは購入型です、これはその名のとおり資金提供者がなんらかの商品やサービスを購入してその購入額を資金として提供する形態です、よってその購入した商品やサービス自体が資金提供者に対してのリターンとなります。
こうしてみると、資金提供者にとっては投資型が一番魅力があり、市場も拡大しそうな気がしますが、現状日本では寄付型か購入型のほうが多いようです。
その原因は投資型に対する法規制によるものです。投資型の法規制は金融商品取引法により規制されています、投資型の資金調達を行う場合または資金調達の仲介を行う場合は第2種金融商品取引業の登録が必要になります、この第2種金融商品取引業の登録がネックとなり、日本におけるクラウドファンディングでは投資型が少なかったわけです。
登録すればいいのでは?とお思いになるかと思いますが、その実態はそう簡単なものでもありません、提出書類なども専門性のたかいもので、素人にはハードルが高いのです。
最近ではこういったクラウドファンディングを仲介しれくれる運営サイトが立ち上げられています、そういったサイトを利用すれば、若干の手数料を支払うだけで手軽に自分のアイデアや商品に対する資金提供を募集できるようになってきています。

 

 

 

クラウドファンディングとは、今注目の資金調達方法です、インターネットがこれだけ普及したため、それを利用してクラウド(大衆)から資金援助を受けて事業等を始めるという全く新しい試みなのです。
例えば、優れたアイデアを持っている人でも銀行から融資を受けるほど具体的で大きな事業計画は立てられないような人はたくさんいます、そういった人たちのための資金調達手法として現在注目されているのがクラウドファンディングなのです。
日本語で言うと「大衆からの資金調達」、具体的にはどんなものなのでしょうか?なんらかの優れたアイデアで商品化したら売れそうな物を開発した場合、それを事業として発展させるためには大きな資金が必要ですよね、工場にサンプル品を発注したりするだけでも個人で行うにはとても難しいでしょう、そういった場合に諦めてしまい、優れたアイデアが埋もれてしまうという状況はもったいないです、そういった方に資金提供の現場を提供するのがクラウドファンディングの運営会社です、そこでは多くの資金を必要とする個人や団体を紹介しており、それを見た一般の人からの資金を集める後押しをしてくれています。
株の場合は購入した株主に対して商品券や配当金といった報酬がもらえますが、クラウドファンディングの場合はもちろん株券ではありませんので、あくまでもボランティア的な要素が高いです、「この商品はおもしろい」「こんなアイデアなら応援したい」そんな風に思った時にあくまでも自分が提供したいと思う資金(最低金額は設定されている)をその個人や団体に提供します、そこで集まった資金で成功すれば、その提供してくれた額に応じてなんらかの金品でお返しをする、というような仕組みになっています。
もちろん集まった金額に対する手数料は運営会社に入ることになりますが、残りは全てそのクラウドファンディングの利用者へと渡されて事業展開に使われます。今やクラウドファディングは資金力がない全く無名の実業家達をどんどん後押しし始めています。